かわいい盛り

先日、マックでお一人様ランチをしていた時のことです。

小さな女の子とベビーカーをひいたおかあさまが、隣の席にすわりました。

2~3歳くらいの、その女の子が、通路を通りながら私の顔をじーっと見ていたので、にこっと微笑んであげました。

おかあさまは、ベビーカーから男の子を降ろして、いすにすわらせるのに一生懸命のご様子。


そして、女の子が袋に手を伸ばすと、

「Mちゃん、まだよ、いただきますしてからでしょ!」とおかあさま。

『おなかがすいてるのよね。早く食べたいよね、わかるわかる。』


午前中の会合が延びて、おなかが鳴っていた、さっきまでの私と同じ。


そして、食べ始めた女の子。

時折視線を感じながらも、私が隣を見たら悪いな~と、そのままハンバーガーを食べ続けていた私。


おかあさまは、弟の方が、いすから滑り落ちないように、食べさせるのに必死のようでした。


すると、女の子が

「ママ、タオル!んーんー」

と、自分のひざを叩きながら、タオルを出して、と催促しています。


おかあさまは、「わかったわよ、はい、お嬢ちゃん!」(世話が焼けるわね~、という感じで)とおひざに敷いてあげました。


『あらっ!』

それは・・・

私が、ひざにハンカチを敷いて食べているのを見て、自分も同じことをしたい!と言っていたのです。

まあ、かわいい!


そして、隣を見たら

女の子と小さな坊やが、二人とも私をじーっと見ていました

「かわいいね」と言うと

おかあさまも、にっこりほほ笑んだので

「いくつですか?」と尋ねると

「2歳と1歳半です。」

「年子なんですね。大変な時期だけど、ホントにかわいいですね~


この年頃は、目が離せないし、せわしい時期ですが、つぶらな瞳のお子さん達は、何とも言えずかわいい。

見るもの、聞くもの。

全てに興味を持って、どんどん吸収していく時期。

子育ては大変だけど、幸せな時間


どうか短いこの時期を楽しんでほしいと思います。

そして、Mちゃん、弟ちゃん、すくすくと大きくなってね










スポンサーサイト
  1. 2012/11/24(土) 21:28:55|
  2. 日々のできごと
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0