駅メロ

日々の雑踏の中、どうしても気になってしまう音のひとつに、「駅メロ」があります。

聞こうとしていなくても、耳にはいってきてしまうのです。

東横線が副都心線と直結して便利になりましたが、副都心線の駅メロは、また凝っている(新しい)と思います。


例えば

・3拍子がある。

思えば、2拍子4拍子系はあっても、3拍子ものは、あまりないかと思います。

・和音が多い。

3度や6度でのメロディー進行が多いような気がします。




中でも、私が画期的!と驚いた駅メロがあるのですが。
音をお聞かせできないのが残念です。


それは、まるでエチュードのような曲で・・・

伴奏がワルツ

旋律が、3連符(または9連符?)で、下行しながら2つテーマを奏で、

そこから、ディミニッシュのアルペジオで思いっきり下行して、底から音階で駆け上がり、

また3連符で駆け上って主音に解決する。


という構成です。


言葉で説明するとややこしいのですが、

8小節位の短い旋律でありながら、軽快に、風のように現れて消える曲です。


それで、実際弾くとなると

ツェルニー練習曲のように、かなり指の練習になるかと思える曲です。



あまり、音楽を秒数に例えたくはないのですが、わかりやすいように。

♪ラソラ・ソファソ・ファミファ・ミレミ・レドレ・ドラド(最後はあまり聞き取れず、ド♭シドかもしれません)

を、2秒位で、一気に弾けますか?

それが、♪ド♭シド で始まるもうひと山、あります。 


ピアノの先生なら弾けると思いますが(笑)



というように


電車に乗っているときは、本を読んでいるか、メールしているか、目をつぶってうとうとしている
など。


意識しているわけではないのですが、駅ごとにこういった音楽が鳴り、聴こうと構えなくても、はいってきてしまうのです。



他にも、

6度の音階で、いくつも連なったものや、

表彰台に上るかのようなファンファーレ的なメロディーもあり、


どうしても、音と一緒に耳がついていく=「(自分の意志に関係なく)曲の起伏と一緒に感情が揺れる」ので、非常に疲れる時があります。


そして、駅メロに、これだけ反応している人は、果たしてどれくらいいるのかしら?!と思います。


このように、駅メロが気になるマニアックな方、もしいらしたら、一緒に語りたいものです














スポンサーサイト
  1. 2013/04/18(木) 10:51:18|
  2. 日々のできごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0