バンブーシャトウ100

初夏の日差しがまぶしいこのごろ。

夏に向かってワクワクしています

その一方で

ブログの写真が最近なぜか、うまくアップできなくなって、少ししょげています


わが家のリビングには観葉植物の「ミリオンバンブー(万年竹)」があります

名前がちゃんとありまして。

「バンブーシャトウ100」



それは、昨年12月。

いつものお花屋さんで、クリスマス用のお花を買った時のこと。


お店の中に、ポツンとミリオンバンブーがありました。

真冬の木枯らしの季節、寒い店内で、ちょっと違和感のある、熱帯植物のバンブーに「100円」と値段がつけられていました。

きれいな若草色で、背丈が1m以上あり、根っこから網目のように交差している茎が、私の目を引きました

「これは?」

「ああ、これはね、お店は出入りが多くて吹きっさらしの中、寒くてかわいそうなので、どなたか引き取って下さる方がいないかと思って・・・・」

「ホントに寒いですよね。100円なんですか?!」

「はい。このままではお店の中で枯れてしまうかもしれないので」



クリスマスの花束と一緒に、バンブーも抱えて連れて行くことにしました。


家に帰ると、子供達には「どうしたの!?これ」と言われ、いきさつを話したものの


クリスマスツリーの部屋に、バンブーが来たら違和感があり


窓際では、暖房の温風が来るし、ダイニングテーブルの横に置くと

「邪魔」と言われ


玄関では当時は寒かったので、

とにかくリビングの暖かい部屋に置いて、時々水をやったり、枯れた葉を取り除いたりしてやりました。


生け花は好きでも、ガーデニングや鉢物はあまり得意ではない私なので、育てるのに自信もなかったのですが。


年が明け、春が来て、そして今。


ようやくバンブーが窓際のベストポジションにいられるようになりました



但し、本来のバンブーよりも葉の数も少なく、やや傾いていて、それがピサの斜塔のようなので「シャトウ」

100円だったので「100」


バンブーシャトウ100は、元気に彩りを添えてくれています














スポンサーサイト
  1. 2013/05/28(火) 12:33:42|
  2. 日々のできごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お砂場に

少し前の春休みの出来事です。

お天気のいいお昼前頃、玄関チャイムがピンポン、ピンポンと鳴りました。
子供の声が聞こえ、にぎやかな感じ。

何度か鳴ったので「まさか、いたずら?」と思いながらも出てみたら

門の前に、生徒のAちゃんとお友達が二人。

「先生、あのね、公園に虫がいるの。こわいから、よけて。」ということでした。

「虫って?どんなの!?」

「カブトムシ・・・みたいなの。」

「カブトムシ?!」


ますますわからなくなり、とにかく、公園に行ってみることにしました。


聞くと、砂場にいるから、よけてほしいとのこと。

「どこに?いないじゃない」

「あのね、この辺にいるはず!」

「埋めたのなら、もう怖くないじゃない」

「また出てきたら怖いから」


彼女たちの指さすところを、お砂場セットのシャベルで掘ってみると・・・

いました!

小さな幼虫が!

「こんなに小さな幼虫。かわいいじゃない」


でも、こわいから、他に移してほしいという子供達の要望で、公園の端の植え込みの土を掘って、埋めてやりました。


しかも、もう1匹も、指さす砂場の中にちゃ~んといました(笑)


「こわいっていうけど、幼虫もきっとこわがってると思うよ。無事に育つように、埋めてあげようね」と、

移動させました。


それにしても、よく砂場の中に幼虫がいるなあ、と驚きました。


カブトムシにしては、小さすぎるし、何の幼虫かしら?



子供達の作った砂の山も、リクエスト?に答えて、くずして、まだ幼虫が潜んでいないか確かめてあげました。


日差しの照りつける中、『何で私がプラスチックシャベルで、砂をいじっているのだろう・・』と不思議な気持ちになりながらも

『水で固めた砂って堅いんだなあ~』と、黙々と作業をして楽しんだのでした^^


砂場用のバケツやシャベルを水道の水で洗いながら、Aちゃんのお友達が、私にお名前を教えてくれました。
隣にいるのは妹でした。

小さい子はかわいいです。


後日。

レッスンに来たAちゃん。


「この間の幼虫ね、わかった。」

「何なに!?」

「カナブン」

「あ、そうか~。カナブンだったんだー。小さかったもんね」


図鑑で見ても、カナブンの成虫は載っていても、幼虫まではのっていなかったので、わからなかったのです。


今更ですが、初めて知りました。


Aちゃんとお友達、ありがとう。

楽しかったです






  1. 2013/05/06(月) 21:22:01|
  2. 日々のできごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新緑のステップ

今年もピティナ横浜グランミューズ地区ステップ、無事に終わりました。

例年よりも気温が低く、新緑の季節が肌寒く感じられました。

トークコンサートは、アドバイザーの藤井快哉先生による「シューベルト即興曲集」

ステージがロマン派・シューベルト色に染まり、うっとりするひとときを満喫しました。

そして

シューベルト即興曲変ホ長調といえば、子供の頃、私が、ピアノ曲の音色に「色気」を意識した瞬間でもあります。

以下は、私が譜読みをしながら、子供心に感動したことです。

・・・・Es durから、es mollに変わるところ。

急速に変化する音色、これでもかと訴えかけ、右手5指を押さえたまま、3連符で飾りの音を奏でる。

中間部は、hmoll。シャープ系に転調。「あ、♯になった!」

きっぱりとしたリズムに身が引き締まり、fis mollで怖い雰囲気になり、5指でeisを押さえながら内声が
上下するところなど

「シューベルトってすごい!どうしてこんな音を思いつくのだろう!」と弾きながら衝撃を受けました。

自分がすごく大人になったような気分でした。

「即興曲」も、まだ読み方も知らず、聞いたこともない言葉で、「そっきょう・・」と、カナをふりました。

それから、レコードを買ってもらって、擦り切れるのではないか、というくらい聴きました。



・・・・そんな子供の頃の感性を思い出しながら、聴き入っていました。


今年は、私、不覚にも風邪をひいてしまい、当日司会なのに、声が出なかったらどうしよう、と不安な気持ちで会場入り。

午前の部では、他の先生に演奏者紹介を読み上げていただきました。


お昼休みには、コレーゲステーション企画。

楽しくてタメになる「ステージマナー実演コーナー」

演技派のコレーゲの先生方。

悪い例の演技がお上手。会場が笑に包まれて和やかな雰囲気になりました。


ご出演のグランミューズの皆様。

いつも、大切に曲を弾かれる姿勢に感動いたします。

次回もまた、皆様とお目にかかれる日を楽しみにしています。








  1. 2013/05/06(月) 20:39:31|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0