一瞬の雲の切れ目から

朝の慌ただしい時間帯に、日食グラスを手に、2階へ駆け上がり、東の空を見上げてじ~っと観察。

金環日食バッチリ見えました!リングの形がつながって、やがてはっきりオレンジ色に光った時は感激しました!

こちらは厚い雲に覆われていて、無理かも・・と思っていたのに、一瞬の雲の切れ目があって、バッチリ!

感動しました。



昨年の皆既月食の時は、冬で寒かったけれど、何度も空を見上げては幻想的な気分になり、思い浮かぶままにメロディーを五線紙に綴っていきました。

Gmの旋律。歌詞をつけようとすると悲しくなるので、ピアノ曲のままにしています。



天体の観察といえば、更にさかのぼり・・・

音大生の頃の話。

「厳格対位法」の講義の作曲の先生のお宅に皆でお邪魔したことがありました。

マンションの屋上に、天体望遠鏡があり、そちらを見せていただきました。

先生のお父様が天文学者ということで、「木星」と「土星」を見ることができ、とても感動したことを思い出しました。


木星は、黄土色っぽくて、いくつもの縞が見えましたし、土星は、本当に小さかったですが、ちゃんと輪がかかっている様子を観察することができたのです。

貴重な体験だったと思います。



子供の頃、図鑑を見るのが好きだった私。「宇宙・宇宙旅行」の図鑑では、「日食と月食」「太陽」「月」そんなところをよく読んでいました。

月といえば、地球から月までの距離を歩くとしたら約11年、というのが印象に残っています。


「ガス星雲」の光の放つ美しい星を見て「きれい!」と感動していました。



金環日食、2012年に本当に見ることができたのだな~・・としみじみ思いました。




















スポンサーサイト
  1. 2012/05/22(火) 00:25:40|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ふわふわ~ | ホーム | 感動の1日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuwafuwa235.blog.fc2.com/tb.php/18-78f95b4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)