幸せの黄色いピアノ

横浜市の特別養護老人ホームにて、コンサートに参加いたしました。

こちらのピアノは「黄色いピアノ」

120530_1337~01

これは、阪神・淡路大震災をきっかけに、市民ボランティア団体「黄色いピアノを贈る会」の提唱で始まったとのことです。

映画「幸せの黄色いハンカチ」のように、みんなの心を明るくしてほしいという願いを込めて、全国の病院や施設に寄贈、音楽の交流を図っています。

まだ、日本に数台しかないとのことです。


本日のコンサートは、うたとオーボエ、私はピアノ伴奏です。

入居のご老人達と一緒に、ストレッチや発声練習をして、全員参加型で始まりました。

♪銀座カンカン娘

♪上を向いて歩こう


そして、デュエット「慕情」は、豪華なピアノ伴奏。(譜面が、です。)

オーボエ演奏「夕焼け小焼け」「シャボン玉」

奏者は、物理の先生N氏。

成人の生徒Nさんと私とで、ピアノ連弾「リベルタンゴ」


合間に、保土ヶ谷区の歴史、伝説を元にした紙芝居、ウクレレによるクイズなど。

Nさんのアイディアで、楽しい企画が進みました。

ラストの「蘇州夜曲」は、声楽の先生Kさんの歌声で、情緒豊かに。

「ふるさと」は全員で歌ってしめくくりました。


最近は、唱歌と呼ばれる童謡はどのくらい歌われているのでしょう?


「夕焼け小焼け」の2番の歌詞

子供が帰ったあとからは まあるい大きなお月様

小鳥が夢を見る頃は 空にはきらきら金の星


「小鳥が夢を見る頃は・・」なんて、かわいい発想だな~っと、思いながら弾きました。


こちらの施設は、新しく、明るくて開放的なホールでした。

終わってから、客席の皆様から、「いい演奏でした。」とうれしいお言葉をたくさんいただきました。

また、握手をした時に「暖かい手ね。」「ノースリーブで寒くないの?」など。

おじいさま、おばあさまと触れ合えて、こちらが温かい気持ちになりました


お庭にはバラ園があり、そこで摘んだばかりのバラの花束もいただき、感激

スタッフの方が撮影したという、金環日食のポストカードもいただきました。うれしい!

施設長もスタッフの方々も、皆さん朗らかで、今日はとても充実した1日でした。

























スポンサーサイト
  1. 2012/05/30(水) 20:36:22|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<また逢う日まで | ホーム | ふわふわ~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuwafuwa235.blog.fc2.com/tb.php/20-f9a2183e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)