初めての悲しみ

シューマン ユーゲントアルバムの中の1曲「初めての悲しみ」

Emの旋律が、儚げで美しい曲です。

私の友人の娘さん(小3)は、この曲を弾くのにあたり、「悲しい出来事」といえば、う~ん・・「転んだこと」くらいしかないので、イメージがわかないとのこと。

なんて微笑ましい!かわいいです

そして、うらやましい・・・


思えば、この曲。

初級テキスト「みんなのオルガン・ピアノの本」に、イ短調にやさしくアレンジした曲があります。

この曲を初めて弾いたNちゃん。

ホ短調の原曲を弾いてあげたら

「わあ~、きれい!」そして

「ねえ、私も難しい方の曲、弾けるようになる?」と聞きました。


あどけない瞳で、一生懸命に尋ねるので

「もちろん!Nちゃん、練習を続ければ絶対に弾けるようになるよ。」


それから数年。

中学生になったNちゃんはラモーの「タンブーラン」

そして、「初めての悲しみ」よりも難しい「乙女の祈り」を弾いて卒業して行きました。

今では、背の高いステキな娘さんに成長しました。


ふと思い出した出来事でした。


これからも、教室の生徒たちが憧れの曲をたくさん弾けるようになってほしいと願っています

















スポンサーサイト
  1. 2012/07/11(水) 23:22:11|
  2. ピアノ教室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お豆腐は男の子?! | ホーム | 星に願いを>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuwafuwa235.blog.fc2.com/tb.php/27-acb178a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)