ここちよいサウンド

ある時、薬局でお薬ができるのを待っていた時。

私は、料理の本を見ながらも、耳は勝手にBGMを拾っています。

すると

ふと、耳がくぎづけ!?になったのですが

ギターが、「ラヴェルのボレロ」を奏でているのです。

同じ旋律の繰り返しが、だんだん活発になって、華やかなフィナーレへと発展する有名な曲ですが。


オケではなく、ギターのサウンドがなんとも心地よいのです

新鮮でした。


薬を受け取る時に、BGMの曲のことを薬剤師さんに伺ったら

「これはね、こちらなんですよ」と、親切にCDを見せて下さいました。


押尾コータローのボレロでした。



あとで、いろいろと調べてみたら


ギターを変幻自在に操る、すごいアコースティックギタリストの押尾さん。


川井郁子(バイオリニスト)との共演で「宇宙のファンタジー」を奏でたり、

ジェイク・シマブクロ(ウクレレ)小曽根真(ピアニスト)との野外ライブ。


豪華アーティスト達との共演に感動しました


ジェイクさんのウクレレサウンドにも魅せられましたが、ギターの音色もいいですね。

これからも注目して行きたいです。












スポンサーサイト
  1. 2012/07/21(土) 14:51:57|
  2. 日々のできごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<切ない曲 | ホーム | お豆腐は男の子?!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuwafuwa235.blog.fc2.com/tb.php/29-8ebe388e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)