スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ピアノランドフェスティバル2012

ピアノランドフェスティバル2012

7月27日の名古屋公演から、熊本、西宮、そして最終が8月23日東京公演。
今年も行きました。

2012ピアノランドフェスティバル


会場にはピアノランドを習っている子供達がたくさん来ていました。

私は、今年も小学生の生徒を引率して行きました。

会場で、お母様と一緒に来た生徒たちと合流。


お馴染みの「ピアノランド、人気曲パレードコーナー」では、小原孝さんと、樹原涼子先生の連弾で、元気よくスタート。

習ったことのある曲、好きな曲で、子供たちが乗り出すように聞いていました。



お馴染み、小学1年生に扮した小原くんが、樹原先生にピアノを習うという名物コーナー。

今年は 「作曲教室」でした。


小原くんは、「ド」~「レ」「ド」~「ミ」・・・「ド」~「ラ」など。
音の階段を、歌いながら一つ一つ、幅跳びで表現。助走をつけて、だんだん幅が広くなる音程。

「あらっ、小原くんは一年生なのに、どうしてそんなに息が切れるの!?」など、先生のツッコミもあり、会場から笑いが・・・

でも、そんな体当たりの表現で、みんなが音程を意識することができます。そうして、1音1音繋いで、曲ができるのです。

会場の子供達も、持参した五線紙に、音符をかいて、作曲の一歩が踏み出せたと思います。



第2部では、録音応募で選ばれた合唱の皆さんがステージで歌いました。

「つきよのウサギ」は、かわいらしく、「森の夕暮れ」は、情景が浮かぶような美しいハーモニーが響き渡りました。

最後に「ともだちになりたい」を会場全員で合唱。

私達、マスターコース受講生が、ステージで合唱させていただきました。

樹原先生の指揮と、小原さんのピアノ伴奏で、ステージで歌える喜び。

2年間のマスターコースも12月で終了ですが、貴重な体験ができ、いい思い出ができました。


樹原先生の新刊「夢の中の夢」から、2曲、先生ご自身が歌と演奏をご披露。

yumenonakanoyume-m.jpg

昨年の「こころの小箱」に続く第2弾。
美しい曲集です。


ピアノ連弾のための「ラプソディ第1番」は、豪華な演奏

最後は

樹原&小原の「hara hara 倶楽部」による

「忘れない時間」
「始まりの歌」

音楽で、震災復興支援活動をされている先生方の、気持ちの込められた作品でした。


小原孝のピアノ詩集~SWEET MEMORIES
412YnKT7dwL__SL500_AA300_.jpg

小原孝さん監修。
昨日の演奏を聴いた直後に、早速購入。

松田聖子メドレー「赤いスイートピー~瑠璃色の地球」

今日弾いて楽しみました。

山口百恵の「愛染橋」も好きなので、弾きました



昨日の会場には、たくさんのスタッフがいました。

ピンクのTシャツのスタッフは、皆さんピアノの先生です。知り合いの先生方とお会いできてうれしかった


20年以上続いているフェスティバル。

来年も期待しています












スポンサーサイト
  1. 2012/08/24(金) 23:46:12|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラジオ体操 | ホーム | 音楽ビアプラザライオン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuwafuwa235.blog.fc2.com/tb.php/38-aa8d1419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。