歯医者さん

私は、地元の歯科医院に、15年以上お世話になっています。

だから、先生は私のことをよくわかって下さっています。

私は、痛みに敏感で臆病なんです。


麻酔をかけるほどではない歯の治療の場合

神経を抜いた箇所の治療。(過去にありました)

こちらに針のようなものを少しずつ回しながら入れて治療する時に、

不意に「チクッ」とくることがある。

これが、いつ来るかわからないし、来ないかもしれない。

でも、いつ来るかわからないのが怖い。


「チクッ」と来た時には、ビクッとしたり、足が上がったり・・

恥ずかしいです。


そうならないように、平気なふりをしてがんばるのですが。

「むらずみさん、緊張しないで下さい」

「いえ、大丈夫です」と平然と答えたら

「舌が上がってきて治療しにくいんです。リラックスして下さいね」と先生。


極力、体の力を抜こうとして

『大丈夫、もうチクッと来ないから』

『これが終わったら、いいことがある』

など、頭の中では、格闘がいっぱいあって、治療中の私の心理を覗くことができたら

きっと大笑いされるだろうなあ~

ということが、たくさん展開されているのです。


結局、舌が上がってくるのを避けられないことがわかった先生は、

看護師さんに、デンタルミラーで舌を横に押さえてもらっているようです。

『先生、ごめんなさい・・』





そして昨日は、虫歯の治療。

「今日は何の日か、わかっていますね?!」

「はい、麻酔をかけての治療ですよね。」

「そうです。がんばりましょう!」


臆病な私を笑っていらした先生ですが

『悪いけど、麻酔と聞けば怖くないのよ。楽勝よ』などと、内心大きな態度で平然としていたら


「但し、口があまりあかないからね。」と、先生は、看護師さんに、いろいろと指示をされているようでした。


やっぱり・・治療しにくい患者ですみません。



私は、自分の体のことをちゃんと知りたいので、質問をします。これまでに(歯科ではないのですが)きちんと回答してくれずに、曖昧な医師もいました。こちらの先生は、患者の疑問に向き合って説明して下さいます。


また、それとは別件ですが、たまに話が盛り上がった時、先生は引き続きお話しできるけど、治療中の私は、しゃべれなくて、目で合図するしかできない、といった時もあります。


これからも、お世話になります


治療に通うのもそうですが、歯医者さんには、オーラルケアの目的で定期的に行くように心がけたいです。






























スポンサーサイト
  1. 2012/08/30(木) 10:50:50|
  2. 日々のできごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<青島広志の「音楽の形式を知ろう」 | ホーム | ラジオ体操>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuwafuwa235.blog.fc2.com/tb.php/40-3c64855a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)