ウエスト・サイド物語

不朽の名作、「ウエスト・サイド物語」をスクリーンで上映&生のフルオーケストラとのシンクロ・ライブ。という夢のようなコンサートに行きました。

バーンスタインの最後の愛弟子と言われる佐渡裕氏の指揮。最高のコラボレーションですね。
120921_2207~01

ジョージ・チャキリスらが手足を目いっぱい広げて踊るところ、指を鳴らしながら、スラム街をステップで軽快に行きかう、不良グループ達。

一瞬、何調かわからない不可思議なメロディーのテーマが好きで、私は、よく子供達に聞かせていたので、平成生まれでも、うちの子供達はウエスト・サイド物語をなんとなく知っています。



それはともかく



音楽もいいし、ダンスもステキ。

不良グループの対立も、ミュージカルだから、「ぐるっと回転してから」戦う。

カッコよすぎ。


リタ・モレノが踊りながら歌う名曲「アメリカ」も、2拍3連のリズムでとってもノリがいい。


トニーとマリアの「トゥナイト」は、高校の音楽の授業で歌ったなあ・・・と思い出したり。

「現代版ロミオとジュリエット」と言われたこの作品。

トニーが、こっそりマリアに会いに来て、マリアが「パパに見つかるから」と、小声で会話するところ。

ドキドキするけれど

『あんなに熱唱したら、とっくにバレてるでしょ!』などと思いながらも

叶わぬ恋に涙する私・・・


ナタリー・ウッドがかわいくてステキ。



背景に民族的な差別があって、無益な抗争で、結局リーダー格の少年たちが命を落としてしまう。


「この不良グループの少年達も、一人ひとりの人格を尊重してあげれば、立派に伸びるのに」などと、急に母親のような目線で見たり。


いろんな角度から見つめて聴いて、興奮したり感動したり・・・


忙しい夜でした


ひとシーンごとに拍手が起こるのは、生演奏ならでは、です。


佐渡裕さん、演奏終了後、感極まっていました。最後まで拍手を送りました


・・・・・・・・・・・・

私は、昨日、出先から会場の東京国際フォーラムに向かったのですが、19時の部にギリギリに駆け込みました。

(昼と夜の2回公演なのです)

「銀座で降りたら、方向迷わないようにね。有楽町のビックカメラを目指すんだよ」と、知り合いに言われたとおりに行ったおかげで、迷わずにすみました。


自分の、この日のスケジュールがなかなか決まらなかったので、どなたもお誘いせずに一人で行ったのですが、どなたか一緒にいたら、この高揚した気持ちを分かち合えるのに、などと思いました




「ウエスト・サイド物語」
シネマティック・フルオーケストラ・コンサート

指揮:佐渡裕 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

東京国際フォーラムにて。

最終公演:本日9月22日18時(残席があるかどうかは定かではありませんが




























スポンサーサイト
  1. 2012/09/22(土) 13:45:53|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<慌ただしい3日間 その1 | ホーム | ランチデート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuwafuwa235.blog.fc2.com/tb.php/44-1b7b6f85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)