慌ただしい3日間 その1

10月になりました。

台風一過でお天気のいい日ですね。

昨日は、やむを得ない用事で都内へ出かけ、台風接近を警戒して、早めに切り上げて電車に乗ったのですが、着席したとたんに運行見合わせに。
その後、動いている電車を乗り継ぎながら、横浜へと向かったのですが、やがて全線が止まってしまい、名も知らない駅で途中下車することに。

結局、夫に車で迎えに来てもらうことになり、帰宅が深夜になってしまいました。

・・・というのが、「慌ただしい3日間」の最終日でした。


一昨日の1日目。

巣鴨・東音ホールにて。「導入期からアナリーゼを!」~音楽が、一生の友となるために~

講師は松田映子先生。

松田先生とは昨年知り合って以来、私はこの講座をずっと心待ちにしていました。


・導入だから、ここまで、という線引きをしない。
・小さな生徒にもわかりやすいアナリーゼ(楽曲分析)を。

初級の生徒に教えたい内容が満載で、とても貴重であっという間の2時間でした。

顔見知りの先生方がたくさんいたので、その後松田先生を囲んで、ランチ。

新しく、他のステーションの先生方とも知り合いになれて、楽しい時間を過ごしました。



さてさて。
この日は、夕方5時から、もう一つコンサートがありました。


大勢でランチしたおかげで、ゆったり過ごしましたが、次の予定まで3時間もあります。


久しぶりに「丸の内」へ行くことにしました。

120928_1459~01

リニューアルした東京駅。写真を撮る人がたくさんいました。

「新丸ビル」へ。

かつて、日本橋茅場町の会社に勤務していた私。

あの当時とはまるで変っていて・・・(当然ですが)


「丸の内オアゾ」へ向かう途中、こういうこともしました。

120928_1515~01

通りすがりの親切な方、写メの撮影にご協力いただき、ありがとうございました。

丸の内オアゾは、吹き抜けのビルで、丸善が1階~4階まであり、本好きにはたまらない空間だと思いました。


ピアノのテキストがはいったカバンも重いし、足が棒になったので、一休みして、気づけばもう夕方。

急いで渋谷へ。


ブルーアイランド氏(青島広志先生)のおしゃべりコンサート。
「大好き!ドラキュラ君」

渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール。

こちらは初めて行きました。(道に迷わないで良かった)


8月の青島先生のセミナーで、先生ご自身からご案内いただいたコンサート。

小さな子供さんからご年配の方まで。満席でした。


クラシック音楽の名曲から日本の童謡、唱歌を織り交ぜながら、ピアノ、キーボード、パーカッションの演奏で。

バリトン、ソプラノ、テノールの役者さん達によるミュージカル。


劇団四季の大山大輔さんがドラキュラを演じて(複数役がありましたが)すばらしい歌声を聴くことができました。

あんなに立派な「犬のおまわりさん」の歌は初めてで、感動しました。


所々に、「ユカイツーカイ怪物くん」の歌がはいり、観客も一緒に、振り付けと一緒に歌う場面があるんです。

しつこいくらいに(笑)

子供を飽きさせないための、青島先生の構成なのでしょう。


おかげで、今でも(アニメの主題歌とは思えない)立派なピアノの前奏と共に、「♪カ~イカイカイ」というフレーズが頭を巡っています。


こんなに楽しくてためになるミュージカル、出先でなければ、生徒を引率したかったです。



今日は、2つのイベントの空き時間を一人でどう過ごすか。

「山手線に乗ったまま1周したら!?」「そんな退屈なことはしたくない!」と思っていたのですが。


渋谷スタート→巣鴨→東京→渋谷

結局山手線を1周しているし!



こうして、慌ただしい1日目・・でも「音楽の収穫の1日」が終わりました。

















スポンサーサイト
  1. 2012/10/01(月) 13:10:17|
  2. セミナー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<慌ただしい3日間 その2 | ホーム | ウエスト・サイド物語>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuwafuwa235.blog.fc2.com/tb.php/45-f5e39a86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)