♪15th♪ クリスマスコンサート

 12月23日。むらずみピアノ教室は、15回目のクリスマスコンサートを迎えました。

玄関とレッスン室のドアには、ヒバで作ったクリスマス飾りをつけました。
フラワーアレンジメントの先生の元で作ったもので、玄関には娘の作品を、レッスン室ドアには私の作品を飾りました。

レッスン室ドア。ドライオレンジが珍しい。ヒバの中にはシナモンスティックもさしています。
121204_1349~01

保護者の方にもお集まりいただきました。

オープニングは、うた「あわてんぼうのサンタクロース」で元気にスタート。

これも、15年前から変わっていません。

生徒たちが中学生以上になった頃、うたうのをやめた時期もありましたが、昨年から、また小さな生徒達が増えたので、復活しました。

私の手書きの歌詞。レッスン室の壁に貼っています。
121224_1525~01




第1部のピアノソロでは

一人ずつ、ひとことコメントを言って、弾きました。

いつものレッスン室には、生徒と先生しかいないのに、後ろにぎっしりお客様がいるのですから、やや緊張気味。
でも、練習の成果あり。みんな、上手に表現していたかと思います。

私も最後にドビュッシーの「ゴリウォーグのケーク・ウォーク」協奏曲編を演奏しました。

第2部は「ピアノランドコーナー」

「ピアノランドマーチ」をみんなで歌った後、

データ(オーケストラ伴奏)にのせて、「わたしの好きな曲」と題して、ピアノランド1~3の中から、生徒自身が選んだ曲を、2曲ずつ披露しました。


最後に、私が「不思議の国のピアノランド」を演奏。

ホールトーンスケール(全音音階)の「ピアノランドマーチ」が「不思議の国」へ迷い込んだような感覚になった・・・でしょうか!?


第3部は連弾

今年は、轟千尋先生編曲のクリスマスソング集から、

赤鼻のトナカイ、もろびとこぞりて、サンタが町にやってくる、おめでとうクリスマス 

を、連弾形式で弾きました。

プリモは生徒、セコンドは先生とお母様が担当。


ウクレレ演奏のNさんは「きよしこの夜」
南国情緒たっぷりのウクレレの音色でのクリスマスソングも、ゆったりとした時間の流れを感じます。


大人の生徒達は、伊藤康英先生の「ぐるぐるハノン」

3人(6手連弾)で、ぐるぐるポジションが変わるので、油断ができません。


最後は

小学1~2年生によるハンドベルで「まきびと羊を」

4人でドレ、ミファ、ソラ、シド と、2本ずつ持ったベルを、振るのですが

一人でも振り忘れると、ずれるので、何度も練習しました。


主旋律から、伴奏パートへ。

本番では上手に演奏できてよかった!


コンサート終了後は、お茶会。

お友達同士、にぎやかに過ごしました。

お母さま達とのお話も盛り上がりました。


生徒さん達、それから保護者の皆様、1年間ご協力ありがとうございました。

また、これまで、ピアノ教室に通って来られた皆様のおかげで、無事15周年を迎えることができました。

来年もまた、更にステップアップ目指して行きたいと思います。











スポンサーサイト
  1. 2012/12/24(月) 15:37:21|
  2. ピアノ教室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あけましておめでとうございます | ホーム | ミュージアムコンサート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuwafuwa235.blog.fc2.com/tb.php/53-80102919
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)