アメリカ3

ブラジル料理のお店へ。

__ 5

長ーい串に、ステーキやソーセージ、焼き鳥(日本風に言えば)などがさしてあり、スタッフが何度でもテーブルにサーバーに来ます。「ストップ!」の合図である、3色の積み木をひっくり返すまで、何度でもやってきます。
おもしろい。

みんなで食べるのに夢中で、写真を撮る時には、串に刺したお肉はなくなっていますね(笑)
サラダバーにもビネガー漬けのマッシュルームや、色とりどりの輪切りのズッキーニなど、珍しい野菜がたくさんあって、目移りしそうでした。


帰る日。朝5時に起きて空港へ。ソルトレイクは日の出が遅いです。
14.jpg

ロスから10時間かけて日本に戻ってきました。

最初はスナックや機内食がうれしいのですが、だんだん座席に座っているのが苦痛になってきます。

帰りの機内では、隣の席は友人ではなく、見ず知らずのアメリカ人男性。

おしぼりの袋が開かないので、あけてもらいました。

透き通るように色が白く、スキンヘッドの青年は、常にポーカーフェイスでした。

東京に行くのかと尋ねたら、「タイに行く」と答えてくれました。

『え~、10時間も乗って、また乗り換えるの~』『スキューバダイビングをするの?』とか、いろいろとお話ししたかったけれど、すごくクールな方だったので、尋ねるのをやめました。私も片言の英語ですし。
まるで、マネキン人形のように美しい(コワイ)不思議な方でした。

それから、上空ではあまりアルコールは飲まない方がいいというのも体感しました。

血管がふつふつと湧き立って、パーン!と破裂しそうな苦しみを体験してしまいました(苦笑)


滞在中はハードスケジュールで、3~4時間くらいしか寝ない日が続きました。

時差があるので、丸1日寝ないで日本時間に合わせました。

そして、翌日からレッスンを始めました。


1週間、私が家を留守にしている間、家族で協力したようです。

私は世界各国を歩くのが夢です。

23年ぶりに海外へ行くことができました。

応援してくれた家族と九州の両親、周りの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも、未知の国へ行ってみたいと思っています。












スポンサーサイト
  1. 2013/10/31(木) 23:51:22|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬の朝 | ホーム | アメリカ2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuwafuwa235.blog.fc2.com/tb.php/68-10d4c023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)