コンクールが終わって その2

フェスティバルのこぼれ話です。


コンクール、各部の休憩中に、楽屋で一息つこうとしたら、審査員の先生方が休憩中。これはいかん!と、ドアをそっとしめて退出。

ステージ袖から裏に回った廊下の片隅で、私、ステージ裏の男性スタッフさん達と3人でパイプいすを広げ、こっそりお茶することになりました。

彼らは、子供達のピアノのいすの高さ調整と、足台のセッティング、譜面台の出し入れ、ピアノのふたの閉開など。

これらは、全て力が要るので、男性が本当に頼りになります。

お二人ともそれぞれ、バイオリンの指導者、音大の学生さんで、きめ細かな対応で演奏者の皆さんに接していました。

私が、楽屋でいただいたクッキーを差し上げると「あ~、ありがたいですね!」と喜んで下さいました。

長い時間、集中しているので、甘いものがうれしいです。


バイオリンの先生がとても気さくな方だったので、場が和み、廊下を人が通りかかると「廊下にたむろった中高生みたいかなあ?」と。(歳が違うでしょ!と突っ込みたくなりましたが

おかげで、その後も集中して進行ができました。



そして、会の終了後。


コンクールでは、演奏時間が限られているので、規定時間を過ぎると、ベルが鳴り、演奏は終了となります。
審査には影響はないのですが、その旨を、開催時に、司会者が説明することになっていました。


「あのベルを、ステージの真ん中で鳴らして見せる人、初めてみたなあ」と、指揮者の岩村さん。

ホール中に「チ~ン」とものすごく響き渡ったそうです。

私は、原稿に「このように(チン)と鳴ったら・・・」と書いてあったので、説明しなくてはならない、と必死でした。

そこで、手元の原稿の内側に、土台にくっついた丸い呼び鈴を縦にして、隠すように持って、原稿を読み上げ、


鳴らす時には、

原稿を脇に抱えて、呼び鈴をまっすぐ持ち、マイクを持った方の手を縦に振りおろして、鳴らしてみせました。

原稿はスムーズに読まなくてはいけないし、呼び鈴の説明が来るまで、落としてはいけない、としっかり握っていました。


『そうだ、舞台そでで、鳴らしてもらえばよかったんだ!』と気づいたのは、ご指摘のあった後でした。



これを各部で説明しなくてはならないので、3回あったのですが、さすがに3回目は大人のステージだったので、持って出るのも大変だったし、迷った末に、口頭説明にしました。

すると、岩村さんは、「原稿を小脇に抱えて(鳴らすの)大変そうだったけど、3回目も見たかったのに、やらなかったね。」と。


鳴らした方がよかったかしら?


とにかく、ステージの上と、客席側とでは、音の聞こえ方や響きも違うし、いったい私はどんな音を響かせてしまったのだろうと、今更ながら気になってしまいます。

主催の長崎正子先生と、指揮者の岩村力さん。
hanamizuki.jpg


主催の先生方、審査員の先生方、スタッフ、ご出演の皆様と、音楽の深いお話し、和やかな雰囲気で最後までご一緒できて、本当に感謝しています。

ありがとうございました。

この経験を生かして、これからもよりよい音楽を目指して行きたいと思います。
















スポンサーサイト
  1. 2014/03/24(月) 22:58:43|
  2. コンクール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<こんなにできた表勉強会 | ホーム | コンクールが終わって>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuwafuwa235.blog.fc2.com/tb.php/83-b2f0074d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)