合唱コンクール

10月はあちこちで、中学校の合唱コンクールがありますね。

ピアノ教室に通う、双子の甥が、伴奏をしました。

みなとみらい大ホールでの演奏。

この中学校の生徒さん達は、立派なホールで合唱ができて幸せですね。

s_【HPトップ】大ホール新バナー版

甥達は、野球一筋。

明けても暮れても野球の練習、試合、遠征で忙しく、塾にも通っているので、ピアノレッスンの進歩がなく、ただ来るだけになっていました。

しかし、合唱コンクールの伴奏が決まってから、ピアノの練習に本気スイッチがはいりました。

「大地讃頌」はロ長調なので♯(シャープ)が5つ。

初級レベルのテキストでのんびりしていた彼らに、シャープを1つずつ増やすスケールから教えて、4和音の譜読み~つかみ方、オクターブ、鍵盤の稼働範囲、トレモロ 等。

ピアノを習っている女子なら(男子でもそうですが)そう大して難しくない曲でも、彼らには敷居が高かったのです。

坊主頭で、日焼けした真っ黒な顔や腕、手。

夏の間は、炎天下の野球の練習で、レッスンに来るたびに黒さが増して、焦げたような色をしていました。

鍵盤に置いた手をさわると、手のひら(4と5の指の付け根辺り)に堅いマメができていました。

野球選手って、こんなところにマメができるんだなあ~って、初めて知りました。


合唱曲は、途中にピアノソロの間奏があり、静かな中間部~再び盛り上がり、フィナーレへと華やかに終わります。

双子とはいえ、兄は弾けるようになっても、弟が、なかなか後半の譜読みを達成できず、私も焦りましたが、「伴奏をやりたい!」と言った本人の力を信じました。

すると、今月にはいって目覚ましい進歩を遂げ、通し弾きができるようになってからも、これまでにない集中力で、レッスン後も、ずっと練習していました。
クラスのみんなと担任の先生からのメッセージ入りの楽譜の台紙をプレゼントしてもらってから、更にがんばるようになったそうです。(母親談)


伴奏者は、指揮者と連携しながら、歌い手の呼吸に合わせて弾くこと。全体を見渡す力が必要。
ソロではないので、万が一間違えたり、止まったりしたら、全員に迷惑をかけてしまうこと。
ペダリングに気をつけて、メリハリ、表情をつけること・・・

彼らなりに、メトロノームを使ったり、CDを聴いたりしながら、イメージトレーニングをしていたようです。


そして当日
みなとみらい

2人とも、立派に伴奏者を務めることができました。指導者として、本当にうれしかったです。

そして、譜読みに苦戦した弟のクラスが銅賞を取りました。

受験を控えた3年生達、どのクラスも課題曲、自由曲を伸び伸びと歌っていました。


甥っ子たちは、これからもピアノを続けたいと言っています。
それぞれ、ショパン、モーツァルトで弾きたい曲があるとのこと。

体に気をつけて受験がんばってね!
進学先が決まってからも、野球とピアノ、両方続けてほしいと願っています。























スポンサーサイト
  1. 2014/10/30(木) 10:41:55|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あけましておめでとうございます | ホーム | レッスンで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuwafuwa235.blog.fc2.com/tb.php/95-b1154234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)